さけたばまゆ

煙草・ビール・焼酎・ワイン・居酒屋・焼肉屋などの記事をご紹介します。

米と米麹からうまれた、ほのかな甘みとほどよい酸味の澪(みお)!

米と米麹からうまれた、ほのかな甘みとほどよい酸味の澪(みお)!

こんにちは。まゆりんです。

夏だからこそ、「日本酒」。

私は、真夏の暑い夜は、冷やした「スパークリング清酒」を片手に過ごしたくなります。

一人でも、二人でも、仲間とも、誰とでも、楽しめる、そんな「スパークリング清酒」と言えば松竹梅白壁蔵「澪(みお)」を思い浮かべます。 

米と米麹からうまれた、ほのかな甘みとほどよい酸味の澪(みお)!

松竹梅白壁蔵「澪(みお)」は、米と米麹からうまれた、ほのかな甘みとほどよい酸味が特徴の「スパークリング清酒」。

 

f:id:mayurin2018:20180517174113j:plain

 

「スパークリング清酒」は、爽やかな泡が心地よく、アルコール分5%なので飲みやすい。

「澪(みお)」は、見た目も可愛くて女子力が上がるし、可愛いだけでなく、すごく美味しい。

 

f:id:mayurin2018:20180517174135j:plain

 

「澪(みお)」は、泡がたちのぼる様子をイメージした、オリジナルボトルなので、ちょっとした手みやげやプチギフトにもぴったりなんです。

 

f:id:mayurin2018:20180517180055j:plain

 

私の大好きな「澪(みお)」は、「浅瀬の水の流れ」「船の通った泡の跡」という意味なんです。

「浅さ」を低アルコール、「泡の跡」を発泡性にたとえ、清酒の新しい流れを作る、という思いを込めて澪と名付けました。

 

f:id:mayurin2018:20180517180021j:plain

 

そして『MIO』はイタリア語で「私の」という意味なんです。

「澪(みお)」は、「私のお酒と感じてもらえるように」との思いを込めて作られています。

 

f:id:mayurin2018:20180517211444j:plain

「スパークリング清酒」の種類!

「スパークリング清酒」の種類は大きくわけると「活性にごり系」「瓶内二次発酵系」「炭酸ガス注入系」と3種類あります。

ちなみに「澪(みお)」は、炭酸ガス注入系です。

 

活性にごり

にごり酒ですが、発酵している最中のお酒を濾過しないでそのまま菌が活きている状態で瓶につめ、瓶の中でも発酵し、アルコールと二酸化炭素(炭酸)が作られています。

・中から出てくる炭酸で瓶が爆発しないよう、ふたに空気穴をつくり、空気が抜けるようになっています。

・「横倒し厳禁」というタイプのものです。

・時間が経つと発酵が進んで、甘みが減っていくのが特徴です。

瓶内二次発酵系

シャンパンと同じ作り方です。

・お酒を瓶に入れて、新たに酵母を入れて封をしたタイプです。

酵母はお酒の中の糖分を分解してアルコールと二酸化炭素を作るので、封をすることで炭酸ガスが瓶の中に閉じ込められることになります。

・時間が経つと発酵が進んでしまいますので基本的には要冷蔵です。

・温度が低いと発酵はゆっくりと進んでいきますので、味が変わるのもゆっくりになります。

炭酸ガス注入系

・お酒に炭酸ガスを入れて、そのままふたをするというタイプです。

・使うお酒は火入れといい、加熱殺菌をしていて味が変わらないようにしています。

・「火」という言葉を使っていますがそんなに高温で殺菌をしているわけではありません。

・品質が安定しているのが特徴で、要冷蔵ではありません。

 

モンマルシェ は、大人のおつまみにちょうどいい!

モンマルシェ は、大人のおつまみにちょうどいいので、私はよくモンマルシェ を利用します。

 

オトナの

ツナマヨ

材料╱2人分

・ホワイトツナ 綿実油(フレーク)1缶

・マヨネーズ 大さじ1

・練りわさび 適量

つくり方

①ツナ缶の油を少し切る。

②材料を全て器に入れさっくりと混ぜ合わせる。

③好みのサイズに握ったおにぎりに混ぜ合わせた具材を乗せ、海苔を巻いて完成 。

※わさびの代わりに柚子胡椒にしても美味しいです。

極上ツナで空豆グリル焼き

材料╱2人分

・綿実油ツナ(フレーク) 1缶

空豆 5本

・醤油 適量

・ブラックペッパー 適量

つくり方

空豆を開き、ツナ缶の漬けオイルも一緒にたっぷり乗せて醤油をサッとかける。

②魚焼きグリルで中火で4、5分ほどこんがり焼く。

③仕上げにブラックペッパーをふる。

国産赤唐辛子入りツナとミックスビーンズのフレッシュナチョス

材料╱2人分

・国産赤唐辛子入りツナ(フレーク) 2缶

・ミックスビーンズ 1缶

・玉ねぎ 1/4個

・にんにく(みじん切り) 1片

・タコスチップス 適量

・ケチャップ 大さじ3

つくり方

①玉ねぎは、みじん切りにする。

②フライパンに国産赤唐辛子入りツナ(フレーク)のオイルを全量入れ、中火にかける。玉ねぎ、にんにくを加えて炒め、玉ねぎが透き通ったらミックスビーンズを加えてサッと炒める。

③ボウルに②、残りのツナ、ケチャップを入れ、よく混ぜ合わせて器に盛る。

タコスチップスを添える。

※ツナ缶のオイルは、多いと感じる場合は1缶分でもOK。

※にんにくは、チューブで代用可能。

※保存容器に入れて、冷蔵庫で2〜3日保存が可能。

さば味噌煮とろ〜り納豆丼

材料╱2人分

・さば味噌煮缶 1缶

・納豆 1パック

・卵 3個

・細ねぎ 少々

・ご飯 3膳

つくり方

①卵の白身と黄身を分け、白身と納豆をまぜる。

(卵の黄身はトッピングに使用)

②丼にご飯を入れ、①の納豆、さばの味噌煮をのせ、卵の黄身をトッピングして完成。

※お好みで細ねぎ、大葉を入れると風味が増します。

オイルサーディンと無花果ブルスケッタ

材料╱2人分

・オイルサーディン 6尾

バケット 6ピース

・ニンニク 1片

マスカルポーネチーズ 60g

・イチジク 1個

・ケッパー 適宜

・ポワヴルメランジェ 適宜

※4色ペッパー 塩・こしょう 適宜 EXVオリーブオイル

(オイルサーディン缶のオイルを利用)

・セルフィーユ

つくり方

バケットを好みの厚さにスライスして軽くトーストする。

ニンニク片で香りづけをし、マスカルポーネチーズを塗る。

② ダイス状にカットしたイチジク、ケッパー、オリーブオイルを混ぜ合わせ、塩、こしょうで味を整え、1のバケットの上に盛り付ける。

③ ②の上にオイルサーディンを1尾のせ、粗く砕いたポワヴルメランジェとセルフィーユを飾る。

 

まとめ

モンマルシェ は、1929年に日本初のツナ缶を製造した清水食品を前身に、ツナ缶製造の歴史では日本一長い実績があります。

素材は、世界三大漁場の一つ、三陸沖の一本釣り夏びん長まぐろのみを限定使用し、漬け油はイタリア料理で最高級のエキストラバージンオリーブオイルと高級料亭で使用される綿実油の2種を用意しています。

モンマルシェ は、大人のおつまみにちょうどいいです。