さけたばまゆ

酒と煙草について語るブログです。

雪まつり会場で飲んだバカルディハマナスモヒートが摩訶不思議な味。

follow us in feedly

↓SNSでシェアしてね↓

雪まつり会場で飲んだバカルディハマナスモヒートが摩訶不思議な味。

 

潰したミント、ライム、ソーダ、砂糖とラムで作るモヒートは、さわやかな飲み口で、夏にうってつけですね。モヒートのブームによって、日本でもメジャーなスピリッツとして認知されるようになったバカルディ。そのバカルディは、モヒートだけではなく、様々な飲み方で楽しめるのが魅力の一つです。

コーラ・バカルディ

コーラとバカルディを2:2で合わせるだけ。

オレンジジュース・バカルディ

オレンジジュースとバカルディを2:2で合わせるだけ。

ビール・バカルディ

ビールとバカルディを2:2で合わせるだけ。

ソーダバカルディ

レモンをプラスし、ソーダバカルディを2:2で合わせるだけ。

「ラムハイ」と言われます。食事中にイケるドリンクとして有名ですよ。

かつてバカルディ発祥の地・カリブの航海士達は、船上でラムを片手に食事を陽気に楽しんでいました。

文化を継承したラムハイが、日本の大人女子の間で流行っています。

f:id:mayurin2018:20180518165914j:plain

 

数年前、息子と2人で第66回さっぽろ雪まつりへ行ったことがあります。

雪まつり会場は3つありますが最初、札幌駅で購入したぐるっと3会場雪まつり1Day Passを利用し、つどーむ会場へ行きました。

つどーむ会場は、すべり台やスノーラフトなど、子供から大人まで自然や雪とふれあうことができるように作られていました。

その後、ぐるっと3会場雪まつり1Day Passを利用し、すすきの会場へ行きました。

すすきの会場では、毛がにや鮭を埋め込んだ氷彫刻や、氷彫刻会の選手によるコンクール作品など幻想的な氷像が展示されていました。

1Day Passを利用し、大通会場へ行きました。

大通会場では、札幌市民と陸上自衛隊が総力をあげて作った雪の芸術、迫力ある大雪氷像の数々が展示されていました。

f:id:mayurin2018:20180518174502j:plain

雪のスター・ウォーズ&雪の国のアリス&マニラ大聖堂&春日大社・中門&楽しいサザエさん一家が テーマで素晴らしかったです。

サンライズ×ランティス×G'sマガジンが送り出す、新世代アイドルプロジェクト ラブライブ!も可愛かったですよ。

f:id:mayurin2018:20180518174338j:plain

さっぽろ雪まつり大通会場6丁目北海道食の広場内にバカルディ ホットモヒートバーが出店していたので飲んでみました。来場記念品としてバカルディ シェーカーを頂きました。

紋別産のハマナスを使用したピンクの色が鮮やかなバカルディハマナスモヒートが摩訶不思議な味でした。

こんなに口に合わないのは初めてでした。

f:id:mayurin2018:20180518165149j:plain

f:id:mayurin2018:20180518165159j:plain

f:id:mayurin2018:20180518165206j:plain

露店で、シュハスコライスやきのこ汁と大判しいたけチーズ焼きを食べましたが美味しかったです。

シュハスコとは、鉄串に牛肉や豚肉、鶏肉を刺し通し、岩塩をふって、炭火でじっくり焼いたブラジルをはじめとする南アメリカの肉料理です。

大通会場では、アイドルもたくさん来ていて、青森県ご当地アイドルのりんご娘が可愛かったです。

f:id:mayurin2018:20180518165225j:plain

f:id:mayurin2018:20180518165245j:plain

f:id:mayurin2018:20180518165259j:plain

f:id:mayurin2018:20180518165310j:plain

バカルディ好き大人女子に朗報。美味しいおつまみを探すなら、こだわり食材のモンマルシェ がお勧めですよ。