さけたばまゆ

煙草・ビール・焼酎・ワイン・居酒屋・焼肉屋などの記事をご紹介します。

下松市(くだまつし)の笑酎屋 ぶにせで食べた広島県産のあさりの酒蒸し!

下松市(くだまつし)の笑酎屋 ぶにせで食べた広島県産のあさりの酒蒸し!

こんにちは。まゆりんです。

暑かった夏も過ぎ、少しずつ秋らしくなってきました。

買い物に行くとさんま、きのこ、根菜類、果物など秋の食材が目にとまり、いろいろと食べてみたくなります。

また、新米が出始めると、ご飯がおいしくてますます食欲がわきます。

私は、秋になると広島県産あさりの酒蒸しが食べたくなります。  

あさりの旨味だけで勝負するシンプル イズ ベストなあさりの酒蒸し!

以前、下松市(くだまつし)のぶにせ笑酎屋で食べたあさりの酒蒸しは、あさりの旨味だけで勝負するシンプル イズ ベストなひと皿でした。

 

f:id:mayurin2018:20180512070834j:plain

 

あさりの酒蒸しに使用したあさりは、広島県産のもの。

 

f:id:mayurin2018:20180512071049j:plain

 

春の産卵を控え、貝殻いっぱいに身を肥やしたあさりは、プリッとした食感を持ち、旨味をたっぷりと含んでいました。

 

f:id:mayurin2018:20180512071121j:plain

  

ぶにせ笑酎屋では、カウンターがあるので1人で気軽に立ち寄ることができます。

私はカウンターで、キリン 一番搾りを飲みながらチャームをつまみました。

 

f:id:mayurin2018:20180512070850j:plain

 

日替わりの本日のおつまみセットを頼み、キリン 一番搾りを飲みながら本日のおつまみセットをつまみました。

 

f:id:mayurin2018:20180512070909j:plain

澄んだ上品なうまさのキリン 一番搾り

堤真一満島ひかりが新しくなった一番搾りを飲んで、「味違う」とか「あ、ほんとだ全然違う」と驚くCMが有名ですが、これまでの一番搾りにあった苦み、酸味、アルコールの辛み、その全てが弱くなっている感じがしました。

味に加えて、口当たりもソフトになって、飲むと上品なうまさが感じられたし、雑味がないから澄んでいる感じがしました。

 

澄んだ上品なうまさの一番搾り

ビールの原料は大麦ですが大麦をそのまま使ってビールを作ろうとしても、主要な成分が溶けにくく分解できません。

そのため大麦を発芽させ、焙燥し、芽を出させ、麦芽にします。

一番搾りは一番麦汁!

その後、麦芽を粉砕し、次の工程に移ります。

一番搾りとは仕込み工程のろ過の際に、最初に出てきた液体、俗にいう一番麦汁だけで作成したものが「一番搾り」という製品になります。

通常のビールであれば一番麦汁と、ろ過した後に、さらに麦芽や副原料が混ざった残りカスにお湯を加えて、再度ろ過して得られる二番麦汁を混ぜてビールを作成します。

一番麦汁と二番麦汁では味が異なるのですが、どちらが美味しいとかではなく、それぞれの良さがあり、一番搾りは一番麦汁の特徴だけで、出来たビールなんです。

キリン一番搾り麦芽だけ

他の多くのビールは米やコーンスターチなどの副原料を使っていますが、キリン一番搾り麦芽だけなんです。

下松市(くだまつし)の笑酎屋 ぶにせで食べた鯨カツ!

私は、秋になるとハイボール黒糖焼酎水割りを飲みながら、鯨カツを食べたくなります。

ハイボールは、なぜか一番搾りのグラスに入っていました。

 

f:id:mayurin2018:20180512070929j:plain

 

黒糖焼酎水割りは、見た目は、普通の水のようでした。

 

f:id:mayurin2018:20180512071021j:plain

 

鯨カツとは、鯨のカツ。

 

f:id:mayurin2018:20180512071146j:plain

 

作り方は、鯨肉を一口大、5mmの厚さに切り軽くたたいてのばします。

その後、みりん・醤油・おろしたしょうがをあわせたものに30~60分ほどつけ込むことで、表面の水気をふき取り、黒コショウを軽くふります。

その後、小麦粉→卵→パン粉の順に衣をつけ、180℃の油で色よく揚げると出来ます。

f:id:mayurin2018:20180512071215j:plain

 

私は、ぶにせ笑酎屋で、ハイボール黒糖焼酎水割りを飲みながら、鯨カツを食べましたが、絶妙でした。

ただし、鯨カツは硬くて、歯の弱い方は食べるのが難しいかも知れません。

下松市(くだまつし)の笑酎屋 ぶにせのアクセス!

店名 ぶにせ笑酎屋
営業時間 18:00~24:00以降の来店は問合せ
住所

山口県下松市大字東豊井新町1319

最寄駅

下松駅から徒歩5分ほど、ちょっと狭い道に入った所にあります。

電話番号

0833-43-9300

 

 

まとめ

暑かった夏も過ぎ、少しずつ秋らしくなってきました。

買い物に行くとさんま、きのこ、根菜類、果物など秋の食材が目にとまり、いろいろと食べてみたくなります。

また、新米が出始めると、ご飯がおいしくてますます食欲がわきます。

私は、秋になると下松市(くだまつし)のぶにせ笑酎屋で食べたあさりの酒蒸しが食べたくなります。