さけたばまゆ

酒と煙草について語るブログです。

自分におかえり、よなよなエールを飲んでみた。

 

自分におかえり、よなよなエールを飲んでみた。 

最近は、スーパーマーケットやコンビニエンスストアでもクラフトビールが売られ、日本人の生活に浸透してきました。クラフトビールとは小規模な醸造所を持つビールメーカーのことを言います。

 

クラフトビールの魅力をひと言で表すなら、少数精鋭で、品質を重視したビール造りです。私は、ビールが好きなのでヤッホーブルーイングの「よなよなエール」を飲んでみました。

 

ヤッホーブルーイングは、長野県北佐久郡軽井沢町に本社を置くビール製造メーカーです。1997年の創業以来、アメリカやヨーロッパ各国をはじめとするビール先進国を中心に支持されている、「エールビール」を専門に造るクラフトビール醸造所なんです。

 

ヤッホーブルーイングの「よなよなエール」は、口当たりがずっしりしていて、一般的に普及している例えばアサヒスーパードライのような普通のビールとは明らかに異なります。グレープフルーツっぽい香りが強く、飲みやすいです。あまり冷やしすぎず、口の大きなコップにゆっくり注いでゆっくりと贅沢に飲みます。とても華やかな印象で余韻も長く楽しむことができるんです。私のブログから買ってくださったお客様からも美味しいと評判ですよ。

よなよなエール 

自分におかえり、よなよなエール
ふだんは真面目なあなたでも、
よなよなエールを一口飲めば、あら不思議。
琥珀色の月の魔法と、ホップの香りにさそわれて、
ほんとうの自分がむくむくと顔をだす。
今夜もどうぞ、好きなことを心ゆくまで。
愉しい時間の、はじまり、はじまり。

f:id:mayurin2018:20180421220458j:plain

東京ブラック

鮮度つっぱり、ドスコイ黒。苦いイメージが強い黒ビールですが、東京ブラックは、滑らかな口当たりとほのかに感じられるモルトの甘味のおかげで、飲んだ後の印象がとても穏やかなのが特徴です。本場イギリスで飲むような、新鮮で濃厚な黒ビールをぜひお愉しみください。

f:id:mayurin2018:20180421220948j:plain

 

f:id:mayurin2018:20180421221002j:plain

インドの青鬼

にがい魔の味インドジン。「インドの青鬼」は、苦味が強烈な個性派ビールです。
味の特徴はまさにホップの苦味と深いコク。
口に含んでみると「ニガッツ!」と思わず声に出てしまうほどの強烈な苦さの中に、モルトの風味をしっかり感じることができるため、一度ハマるとクセになってしまう味わいに仕上がっています。 

f:id:mayurin2018:20180421220507j:plain

水曜日の猫

今夜は気ままに。心をゆるめるホワイトエール。「水曜日のネコ」は、ベルギー生まれの「ベルジャン・ホワイトエール」というスタイルです。
ホップの苦みが非常に弱く、小麦のやわらかな味わいと甘酸っぱいフレーバーが特徴的。すっきりとした飲み口なので、普段ビールを飲まない方や女性にもおすすめのエールビールです。 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。