さけたばまゆ

煙草・ビール・焼酎・ワイン・居酒屋・焼肉屋などの記事をご紹介します。

エスニック料理の中でも人気のタイ料理!がっつり食べて元気!

エスニック料理の中でも人気のタイ料理!がっつり食べて元気!

こんにちは。まゆりんです。

どこまでも高い空、吹き抜ける心地よい秋風、 どこからともなくキンモクセイの香り。

夏から秋へと移り変わる季節は、ちょっぴり淋しい気持ちとワクワクする感覚が共存し、感傷的になりがち。

食欲の秋は、何を食べても美味しく感じられるけれど、がっつり食べて元気を出したい、という時は、やっぱりタイ料理。

あなたは、ちょっぴりスパイシーなタイ料理がどうしても食べたいって日がありませんか? 

凄腕タイ人シェフの料理を堪能!本格タイ料理バル プアン 学芸大学店!

アクセス便利な東京都心の学芸大学駅から徒歩1分のところに本格タイ料理バル プアン 学芸大学店があります。

本格タイ気分を味わえるオシャレな店内と凄腕タイ人シェフの料理を堪能することができます。

エスニック料理の中でも特に人気のタイ料理。

グリーンカレートムヤムクンなどの定番タイ料理からちょっと珍しい本格タイ料理まで、バラエティ豊かなメニューがあります。

新鮮野菜と豚トロとアボカド彩りサラダ、濃厚な蟹のふわふわ卵とじカレー炒めなど女性に人気なメニューが多いのが特徴です。

タイビール・タイワイン・タイのハイボールを始めとした美味しいお酒との組み合わせを楽しむ事ができます。

 

f:id:mayurin2018:20190416211251j:image

 

チョークアートは必見!本格タイ料理バル プアン 学芸大学店!

本格タイ料理バル プアン 学芸大学店って、アンティークドアやモダンな照明などが魅力的だし、カウンター上の鮮やかなチョークアートは必見。

チョークアートの発祥は、イギリスのパブ看板といわれています。

イギリスからの移民と共にオーストラリアに渡り、オーストラリアの看板職人によって、よりカラフルでアーティスティックな現在の形となったんです。

元々はチョークで描かれていたんですが、耐久性や色のニーズによって、徐々にオイルパステルで描くことが主流になったとのこと。

本格タイ料理バル プアン 学芸大学店は、バルスタイルのオシャレな空間にこだわっていて、天井に刻まれた装飾が、さりげなくタイの雰囲気を演出しています。

ナチュラルで、温かみに溢れたテーブル席に座るとまさにここは、 タイなんです。

 

f:id:mayurin2018:20190416211243j:image

 

本格タイ料理バル プアン 学芸大学店の店内は、眺めるだけでも楽しめます。

 

f:id:mayurin2018:20190416211237j:image

 

空芯菜(くうしんさい)炒めって、タイの調味料タオチオやナンプラーを使ってニンニク、唐辛子と一緒に大火力で素早く炒めたもので、シャキシャキの歯ごたえとタレの甘辛さが病みつきになります。

 

f:id:mayurin2018:20190416211227j:image

 

グリーンカレーって、香辛料やハーブをすり潰したペーストを炒めてココナッツミルクやナムプラー、砂糖、具になる様々な野菜、肉、エビや魚を加えて煮込んで作っています。
コリアンダーや青唐辛子などの緑色のハーブを加えることで緑色になり、タイカレーの定番で辛くて美味しいんです。

 

f:id:mayurin2018:20190416211211j:image

 

トムヤムクンは、世界三大スープとして知られていますが辛味と酸味が絶妙に絡み合い、香辛料の旨みや海老の旨みがスープに溶け込んでいます。

  

f:id:mayurin2018:20190416211216j:image

 

カオパックンは、タイ風海老チャーハンで、タイの醤油が効いた海老チャーハンに付け合せのパクチーやきゅうりと一緒に食べる料理です。

 

f:id:mayurin2018:20190416211221j:image 

アクセス

住所 東京都目黒区鷹番2-15-12 A-2ビル 2F
電話 050-5595-7727
交通

東急東横線学芸大学東口より徒歩1分

学芸大学駅から149m

 

営業

11:30~15:00(L.O.14:30)

17:00~23:45(L.O.23:00)

日曜営業

 

 

 

まとめ

食欲の秋は、何を食べても美味しく感じられるけれど、がっつり食べて元気を出したい、という時は、やっぱりタイ料理。

本格タイ料理バル プアン 学芸大学店って、本格タイ気分を味わえるオシャレな店内と凄腕タイ人シェフの料理を堪能することができます。

笑顔の素敵なスタッフがおもてなししてくれるし、タイワインも豊富なんです。

ワインとタイがぱっと結びつく方、なかなか少ないのではないでしょうか?

様々なタイワインを、豊富に取り揃えていて、豊かな果実味とスパイシーな香り、その特徴が、パクチーやハーブが薫るタイ料理に驚くほど合うんです。